徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
はじめての入院、手術、そしてリハビリ生活ー【リハビリ日誌】(4)
昨日1泊2日の一時帰宅から病院に戻りました。リハビリのための入院生活はさらに続きますが、今回の一時帰宅は現在までの成果と今後の課題を明確にできたことで、入院生活においてのエポックメイキングなことであったと思います。

以下、【リハビリ日誌】41日目〜54日目プラス番外編を(4)としてまとめます。

【リハビリ日誌41日目】
午前1回、午後1回。昼食後月1度ある出張の散髪をしてもらい、さっぱりした。ストレッチ&筋トレの後はひたすら歩く。杖ありの歩行は安定してきているから、距離を伸ばすことに集中。杖ありも無理のない範囲で同じく距離を伸ばすことを心掛ける。右足が重くなるのが難点かな。

【リハビリ日誌42日目】
今朝から自室⇔トイレ間フリーハンド自立歩行(杖併用)がOKになった。深夜のトイレは杖に頼ってしまいそうだが、無理のない程度に杖なしに馴れていこう。午前2回、午後1回。右足が重く感じるのはリハビリ過程の一つの通過点であるのと言われた。頑張ろう!杖なし歩行4周達成!

【リハビリ日誌43日目】
午前1回、入浴と昼食後2回。筋トレをする前の午前中は右足の筋肉の固さがなかなかとれない。だから体重移動がスムーズではなく、歩き方に無理が出てまた筋肉が固くなる悪循環に陥る。一種のスランプだろう。これを乗り切るには自室でできる限りの自主筋トレをして頑張ろう!

【リハビリ日誌44日目】
午前2回、午後1回。右臀部の筋力強化中心のトレーニング。杖の有無にかかわらず歩く時に右足の踵に力を入れてしっかりと踏み込んで、後ろに強く蹴ることは頭では分かっていても思うようにいかないのが歯痒い。常に心掛けて歩くようにするしかない。先輩のお見舞あり恐縮する。

【リハビリ日誌45日目】
午前1回、午後2回。午前中から筋トレ効果が出て比較的快調に杖なし歩行も距離を伸ばす。これで耐久力もさらにつくとよいのだが、今のところは段々と右足が重くなってしまう。杖あり歩行は完全に安定してきたと思う。杖の高さを微調整してもらったのが功を奏しているようだ。

【リハビリ日誌46日目】
入浴後に午前1回、午後2回。外は風雨ともに強いが、リハビリに専念できるのは有難い。度々言われている右の臀部の筋肉強化について、椅子からの立上り・立座りの際右足にお尻を乗せるよう心掛けるのがよいと指導を受けた。なるほどと思い、病室のベッドでも早速実践する。

【リハビリ日誌47日目】
午前2回、午後1回、しかも1時間毎の休憩を間に挟んではいてもほぼ連続というハードなもの。しかしこの時間でもう上がりは考えようによっては残りの時間をゆっくりと休めるから、楽とも言える。筋トレ後杖なし歩行の繰り返し。右足の重さは変わらずだが、ほぐしつつさらに歩く。

【リハビリ日誌48日目】
日曜とあってか午前1回、午後1回。それでも濃い内容の筋トレと杖なし歩行。午前は合計300M、午後は210Mと距離を伸ばす。午前のリハビリのスタートが遅いと身体のエンジンがかかるまで少々時間がかかるが、その後は比較的滑らかに身体が動いたようだ。右足の重さも気にならず。

【リハビリ日誌49日目】
午前1回、午後2回。間にレントゲン検査が入る。結果は順調と言われたが、右足の重さを感じる旨を伝える。個人差はあるが、リハビリでいずれは消えるとの説明あり。筋トレと杖なし歩行が重点のリハビリ計3回はなかなか厳しいものがある。以前の身体が如何に筋力がなかったか!

【リハビリ日誌50日目(1)】
50日とは長いようだが、本人にとってはあっと言う間(^_^.)。しかし目に見えない疲労が溜まっていたものか、昨夜の睡眠も長い時間熟睡したうえ、今朝も1時間うたた寝。午前1回の筋トレもかなり固いと言われて、軽めのプログラムで終了。午後リハビリを兼ね個室の浴槽に入浴!

【リハビリ日誌50日目(2)】
自宅での入浴テストの意味もあったが、問題なし。ゆったりと浴槽に浸かることができたのは嬉しかった。午後2回目の筋トレで痛む箇所を集中的に曲げたり、伸ばしたりしてもらった。力の抜き方のコツを未だに会得していないのは我ながら恥ずかしいが、お蔭で杖なし歩行は円滑!

【リハビリ日誌51日目】
昨日の筋トレ効果が大きかったようで、いつもなら固い筋肉も午前から比較的柔らかく、よく動いた。午前1回・午後1回の杖なし歩行も快調に距離を伸ばすことができた。しかしさらに耐久力をつけるにはとにかく右足になお一層筋肉が付いてくること。注文していたMy杖が届く!

【リハビリ日誌52日目】
午前1回、午後2回。昨日から使い始めたMy杖はガッチリとしている割にはさほど重さを感じず、手と身体に馴染んで来ていて、歩きやすい。右足の踏み込み、後ろへの蹴りも自然にできている。杖なしになるとどうしても弱くなるのが痛し痒しのところ。臀部筋肉の強化トレあるのみ!

【リハビリ日誌53日目】
午前2回、午後1回。明日は1泊2日で一時帰宅するので、午前1回目最初に病院近隣を約15分杖で歩く。ほぼ2ヶ月ぶりに外気を吸った訳だが、初夏から真夏への季節の変わりようを肌で感じた。周囲を注意して歩くのも刺激があり、思ったほど疲れず今後も継続予定。午後は個室入浴!

【リハビリ日誌54日目】
午前2回。昼食・休憩後一時帰宅のため家族が迎えに来てくれるので、今日のリハビリはこれにて終了!朝から張り切って自主トレした効果もあってか、杖なし歩行もスムーズだった。2ヶ月ぶりのわが家ではどう動けるか?退院後の日常生活を見据えてのシミュレーションである。

【リハビリ日誌番外編】
酷暑の2日間、1泊2日の一時帰宅を無事終えて先程病院に戻りました。エアコンがフル稼働の室内で快適に杖なしでもなんとか動けたことが収穫で、自信に繫がりました。いろいろと準備した家族も疲れたとは思いますが、近所のスーパーにも買い物も行けたので、安心したようです。

【リハビリ日誌番外編続き】
まぁ勿論課題も残った訳で、今回は家族が殆どやってくれた洗濯をどうこなしてゆくかが最も気になった。なんとかなると楽観視してはいますが…(^_^.)。私は専らレコーダーに溜まった録画をDiscにダビングして、HDDを整理しました。リハビリの合間の楽しみがまた増えました。
【2018. 07. 16 (月)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめての入院、手術、そしてリハビリ生活ー【リハビリ日誌】(3)
記録的な早さで梅雨が明けて、7月が始まりました。入院してのリハビリ生活はさらに続きます。【リハビリ日誌】の25日目〜40日目を(3)としてまとめます。

【リハビリ日誌25日目】
午前中入浴の後1回、午後1回。外は激しい雨。引き続き体重移動を中心にした歩行練習。右足に体重を移動しようとすると無意識に顔も右へ傾けているとの指摘を受けた。鏡を見ながら修正の歩行を繰り返す。今までの癖というものはおそろしいもので、足の向きも含めて練習、練習!

【リハビリ日誌26日目】
午前1回、午後1回。杖での歩行は自分なりに慣れてきたと思う。あとは歩く姿勢を教えられた通り無駄な筋肉への負荷をかけずに行うことが課題。さらに傷口のある右足大腿部から臀部にかけての筋力をつけることに尽きる。今日練習した中で出来そうなことは自主トレでも頑張ろう!

【リハビリ日誌26日目 続き】
明日17日朝から病棟内で見守りなしの杖での歩行が許可になったヽ(^。^)ノ。見守りは3日でクリアー(^o^;。
父の日のプレゼントと勝手に解釈しています(^^ゞ。

【リハビリ日誌27日目】
午前1回、午後1回。日曜とあってかいずれも女性理学療法士の方の担当。きめ細かいマッサージと指導のお蔭で、右足の筋肉を重点的に伸ばすことができたように感じた。杖による歩行5周の後は短い距離を杖なしの歩行練習。習得した体重移動のやり方でなんとか歩くことができた!

【リハビリ日誌28日目(1)】
入院から満1ヶ月、リハビリも4週間経過。午前2回、午後1回。ストレッチ・筋トレの後、杖による歩行、階段の上がり降り、杖なしの歩行訓練も継続して行う。最初は緊張した杖なしの歩行も少しずつであるが、自信らしきものがついてきた。病室でもできる自主トレも含めて継続!

【リハビリ日誌28日目(2)】
これは外転枕というそうで、手術後脱臼防止のためにベッドで両足の間に装着を義務付けられていたもの。身体の一部のようになっていた。今夜でそれも解除されるので、記念にパチリ。


【リハビリ日誌29日目】
入浴を挟んで午前1回、午後1回。マッサージでツボを押さえてもらったら、入浴あがりの身体に心地良く、眠気を誘う。ストレッチで右足を伸ばしてもらい、ハードな筋トレもこなす。その後杖なしの歩行訓練。理学療法士さんの指導通り動いたら、思いがけないほど歩くことができた!

【リハビリ日誌30日目】
午前1回、午後1回。悪天候のうえ、昼間に時間が空いたためか、午後は今一つ調子に乗り切れなかったが、杖による歩行を繰り返すことにより、まずまずいつもの調子に戻った。某メーカーの歩行アシスト器具も装着して歩く。右足に無理なく体重移動できるよう筋トレの繰り返しも!

【リハビリ日誌31日目】
夏至の今日、手術から満1ヶ月経過。翌日から夢中でリハビリに励んできて、あっと言う間の1ヶ月だった。杖による歩行が安定してきたので、いつものストレッチ・筋トレの後は杖なしの歩行練習を繰り返す。まだまだだとは思うし、結構きついものがあるが、ここは踏ん張りどころ!

【リハビリ日誌32日目】
午前中入浴後1回、午後1回。やはり入浴後は身体が柔らかく、ストレッチでさらに伸びる。右足の痛みもいくらか少なくなっているようで、杖なしの歩行練習も休憩を入れて、2周を2回回ることができた。自室へ帰る時もエレベーターが混んでいたので、杖と手摺で一足降りにも挑戦!

【リハビリ日誌33日目】
午前1回、午後1回。天候のせいなのか、若干の睡眠不足のためなのか、身体が重たるく、リハビリはやや消化不良気味。それでも痛みが出やすい部分を重点的にグリグリとマッサージしてもらったので気持ち良く、午前の回終了後昼食まで寝入ってしまった。杖なしの歩行練習は継続。

【リハビリ日誌34日目】
午前1回、午後1回。右足鼠径部の痛みは相変わらずなので、入念にマッサージ・ストレッチをしてもらう。そのお蔭で午後は比較的快調に杖なし歩行でリハビリ室内を2周回ることができた。その勢いで自室への戻りは階段を降りる練習。杖と手摺を使ってだが、これも慣れてきた!

【リハビリ日誌35日目】
手術後満5週間経過。波はあるがそれなりに順調に回復していることを実感。午前1回、午後1回。午前は来月に一時帰宅できた時を想定した身体の動かし方を学習。日常生活の過ごし方にも影響は少なからずありそうだが、慣れてゆくしかない。午後は筋トレと杖なし歩行3周をこなす。

【リハビリ日誌36日目】
入浴後午前1回、午後1回。杖なしでの歩行も周回する数が徐々に増えつつある。まだ体重移動がぎこちないところもあるが、それほど違和感なく歩けるようになった。今日指導されたのは手の振り方。リズムをとるために前に強く振っていたが、できる限り後ろに強く振るように、と。

【リハビリ36日目続き】
書き忘れていました。昨日までの自室⇔トイレ間の杖による自立歩行がさらに範囲が広がり、今日から病棟内での杖による自立歩行がOKとなりました。リハビリの間でも足慣らしで自分で運動できるようになったから、ありがたい!

【リハビリ日誌37日目】
午前1回、午後1回。午前の開始時間が遅かったためか、身体が全体的に固く、重い。午後の担当理学療法士さんは久しぶりに見えられたので、腹筋や股関節を柔らかくする筋トレも取り入れてくれた。その効果もあってか杖なしの歩行も余裕をもって5周をこなすことができた!

【リハビリ日誌38日目】
午前2回、午後1回。リハビリ開始当初はマッサージ&ストレッチが中心だったから、1日3回でもこなせた。今は筋トレと杖なしの歩行訓練中心だから、中身が濃く、ハード。しかも今日のように1時間の休憩を挟んでの運動は意外にこたえる。水分と甘味を大量に摂取して、ふ〜っ(^^;。

【リハビリ日誌39日目】
午前1回、午後1回。昼食前後に入浴とシーツ交換を挟み、金曜はなかなか慌ただしい。入浴効果は大きく、午後のストレッチは午前とは比較にならない伸び方!この辺りは先々退院後にどう維持できるかはよく相談しておかなくてはいけない課題。夕方主治医との初の面談予定(^^;。

【リハビリ日誌40日目(1)】
昨日夕方家族を交えてはじめての主治医・理学療法士ほかとの面談。回復は概ね順調だが、自立した独り暮らしを送れるようさらに筋力と耐久力をアップしてゆく入院をしてのリハビリを7月も継続することになった。その布石として来月半ばに1泊2日の一時帰宅を行う。不安もあるが楽しみ。

【リハビリ日誌40日目(2)】
午前2回、午後1回。一時帰宅の準備のために来週から外歩きのリハビリも行うが、まずは耐久力アップのため今日は杖ありで6分間連続歩行。歩き始める前にはできるのか?と心配したが、なんとかなるもので、230Mを達成!杖さえあれば意外に歩けるものだとの自信につながった。
【2018. 07. 01 (日)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめての入院、手術、そしてリハビリ生活ー【リハビリ日誌】(2)
【リハビリ日誌】の14日目〜24日目までのツイートを以下にまとめます。

【リハビリ日誌14日目】
朝方整形外科の主治医の回診があり、傷の回復も良好、もうすぐゴールが見えますねと言ってもらえた。
リハビリは2回。往復は円形歩行器。杖による歩行訓練も回数・距離ともまた伸ばすことができた。やはり午前より午後の方が身体がより柔軟に動く。エアロバイクも練習できた。

【リハビリ日誌15日目】
午前中シャワー入浴があったので、リハビリは午前1回、午後1回。もちろん傷の痛みは残っているが、円形歩行器よりも杖による歩きの方がより体重の移動がしやすいように思い、理学療法士の方にも伝えた。今日は杖を使っての階段の上がり下りも練習。これがなかなか難しい!

【リハビリ日誌16日目】
午前1回、午後1回。施術と歩行訓練中心。繰り返し書いているように右足への体重移動をいかにスムーズに行うかが課題。もう少し筋肉が付いてくればさらにできるようになると励まされた。頑張ろう!

【リハビリ日誌17日目】
午前1回、午後2回。珍しく午前の開始時間が遅かったためか、身体が固く右足も重い。昨日より後退しているかと考えたが、午後は杖による歩行訓練もまずまずだった。円形歩行器は午後に従来の見守りから、病棟内自由歩行となった!トイレなども自由に行けるから気分的にも楽。

【リハビリ日誌18日目】
午前1回、午後1回。いずれも杖での歩行が中心。距離はいつも通り。ただまだ右足の筋肉が思うようについていないためもあるようだが、歩きながら内側の筋肉に痛みを感じる。まだまだ長い入院生活が続くと覚悟はしているが、少々不安を覚えているのも事実。でも頑張るしかない!

【リハビリ日誌19日目】
週1回のレントゲンと血液検査は異常なし。午前1回、午後1回。いずれも筋力をつけるリハビリと杖での歩行を継続。毎日少しずつベッドや歩行器で自主トレしている成果は出ているとは思うが、まだまだ筋力が足りないことを痛感する。とにかく筋力アップを目指すこと!

【リハビリ日誌20日目】
外は横殴りの雨。午前1回、午後1回。臀部の筋肉を使っての筋力アップを重点に練習。どうしても膝を使ってしまう癖があるので、その矯正も大事。円形歩行器での自主トレも体勢をまっすぐにして体重移動できるようあらためてみた。自分なりには歩きやすいので、続けてみたい。

【リハビリ日誌21日目】
外は台風のような強い雨。手術後満3週間経過。午前中の回診で傷口のテープを剥がしてもらい、次回から入浴OKとなったヽ(^o^)丿。午前1回、午後1回。その合間に自主トレで歩行器により病棟内の歩行、簡単な屈伸を繰り返す。杖での歩行もガマンのしどころ、地道に頑張ろう!

【リハビリ日誌22日目】
気圧の影響もあるのか、入院後はじめての入浴のためか、午前1回のリハビリは右足のとくに鼠径部に痛みが出て、杖による歩行は自分的には不調。午後1回の施術を経て、再度杖により歩いたところ、どうやら調子を取り戻した。無理のない範囲で自主トレをもう少し増やして行こう!

【リハビリ日誌23日目】
午前2回、午後1回。右足の機能回復状況も良好なので、円形歩行器から杖による歩行に移行できるかの否かのテストも実施。健常時には当り前にできたことがまだできていないのは、自分ながら首をひねる。だが無理は禁物。負担をかけてはマイナスなので、コツコツとやるしかない。

【リハビリ日誌24日目(1)】
昨日のテストの結果、本日から終日病棟内で杖による歩行(見守り)可となった。トイレに行く時などは若干不便だろうが、リハビリがまた一段上のランクに上がったことになる。無理せず慎重に歩行訓練を続けたい。

【リハビリ日誌24日目(2)】
杖による歩行(見守り)可となっての初日。午前1回、午後2回。理学療法士に患者の回復状況に応じた個別メニューで施術してもらえるので、安心して任せて歩行訓練などをこなせる。痛めた右足により体重をかけられるようになったと言われ、明日以降のリハビリの励みになった。
【2018. 06. 15 (金)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめての入院、手術、そしてリハビリ生活ー【リハビリ日誌】(1)
5月18日に自転車でサイクリングに行く途中、自宅近くで一旦停止した際、自分の不注意からバランスを崩して右側に転倒、腰をうちました。痛みが増して、自力では歩けなくなりなりました。幸い合流した友人に全面的に介助してもらい、近所の整形外科で検査と診察を受けました。その結果右大腿部骨頭骨折と診断され、専門病院への入院・手術を勧められました。即日専門病院へ入院し、21日午後に人工骨頭置換手術を行いました。

なにしろ人生初の入院・手術、麻酔から覚めた時には、完全に記憶が飛んでいましたよ(笑)。手術は幸い成功し、翌日から早速リハビリが始まりました。この病院はリハビリスタッフが充実していて、1日2回〜3回のリハビリが行われます。

お蔭さまで回復の状況も良好とのことです。以下、ツイートでつぶやいた【リハビリ日誌】を適宜まとめます。今回は第1回として、6月3日の13日目までの分です。


【リハビリ日誌1日目】

午前:そろそろリと足を動かしながら、車椅子に座るところまでできた。そのまま昼食。

午後:車椅子で移動してリハビリ室へ。両側のバーをつたいながら、ゆっくりと往復できた。まだ右足に力は入れられないが、初日にしてはまずまずだろうか。


【リハビリ日誌2日目】

午前:車椅子への移動もよりスムーズに。リハビリ室で、バーをつたって2往復。車椅子から立つ時もしっかりと立てるようになった。

午後:同じくバーをつたって3往復。運動量が増えても昨日より疲れていない気がする。


【リハビリ日誌3日目】

病棟がリハビリ棟の部屋を変わってもプログラムの大きな変更はないようだ。寝転がっての膝の屈伸など。自分でも痛みは少なくなっている。バーをつたっての歩きは順調にこなす。ただまだ怪我をした右足への体重移動はスムーズではなく、痛さを感じる。左手のみ捕まって歩くことはなんとかできた。


【リハビリ日誌4日目】

今日は午前中シャワー入浴後リハビリ。昼食と休憩後ただちに午後のリハビリとかなり慌ただしかった。手術した右足のマッサージ治療も痛みと気持ち良さが同居する。最後にいわゆる歩行器に体重を預けて歩くことにも挑戦。まだまだだが、自分の歩く感覚・リズムを思い出してきた。


【リハビリ日誌5日目】

リハビリは土日でも1日2回行うそうだ。担当の方は交代制にしてもご苦労様だが、施療してもらう身にはありがたい。今日は全体に右足が重い感覚があったが、午前の施療でかなり軽くなった。午後は体重のかけ方、姿勢など矯正してもらいつつ、バーにつかまり歩くことを繰り返す。


【リハビリ日誌6日目】

手術から1週間経過の日曜も淡々とリハビリをこなす。今のところ苦痛より少しずつ身体を動かせることが楽しみになっている。腰の使い方、重心のかけ方など教えてもらうことも多く、歩き方の癖の矯正にもなりそう。収穫はバーにつかまるのは左手のみで複数回往復できたこと。


【リハビリ日誌7日目】

手術後満1週間。主治医も傷の回復は順調との診断。リハビリは午前2回、午後1回をこなした。1日3回のリハビリははじめてだったが、確実に回復している手応えを自分でも感じる。歩行器を使っての歩きも歩数が伸びている。さらにステップアップできるよう焦らず気長に頑張りたい!


【リハビリ日誌8日目】

午前中シャワー入浴後1回、午後昼食後の睡魔を耐えてもう1回リハビリを終え、今日の課題完了!達成感がある。理学療法士の方とも顔馴染みになり、雑談を交わしながら施療を受け、身体の屈伸運動、歩行器による歩く練習など自分にも自信と余裕が出てきた気がする。継続は力なり。


【リハビリ日誌9日目】

今日も午前2回、午後1回のハードなリハビリ。理学療法士の方の教えにしたがって動いているうちに、徐々に手術した右足にもかなり重心をかけられるようになった。バーにつかまっての歩きも左手を軽く押さえる程度で複数回往復歩ける!つかまりなしで歩くのが次のハードルだろう。


【リハビリ日誌10日目】

3回のリハビリ。同じような怪我をされた方の中では回復は早い方だと言われた。でもくれぐれも焦らず無理をしないようにとも。自分でも自信がつくまで気長にリハビリをするつもりなのだが、心中を見透かされたかな(^^ゞ。杖での歩行訓練も開始。お手軽登山で使って以来の杖だ!?


【リハビリ日誌11日目】

今日からリハビリの往復に円形歩行器を使うようになった。また杖での歩行訓練も歩く距離が伸びた。まだ傷の痛みは残るから、いかにスムーズに体重移動して歩くかが課題。自分では意識していなかった歩く時の癖の矯正と筋力アップのトレーニングがさらに必要のようだ。


【リハビリ日誌12日目】

外は汗ばむような晴天のようですが、程よく空調の入った部屋で今日もリハビリを3回こなす。正しくリズミカルに姿勢を保ち、スムーズな体重移動を行うには逆腹式呼吸、いわゆる臍下丹田に力を入れることが一番であることをあらためて実感しました。顎をひくことも大事ですね。


【リハビリ日誌13日目】

日曜でも3回のリハビリ。杖での歩行訓練も最大1回に5周(約150M)歩き、エアロバイクも3分程度連続で漕ぐことができた!また自転車に乗れると言う目標が夢ではなくなった!

なお、回復状態良好につき明日6月4日から正式に終日車椅子介助?歩行器使用(要見守り)に変わる予定。

【2018. 06. 04 (月)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
新春のご挨拶



本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。
【2017. 01. 01 (日)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
パソコンの修理
大晦日は平穏に過ごせるはずだったが…(-.-;)。PCをちょっといじっていたら、操作中フッと画面が消えてしまう。メモリーとHDDは動いているのは確認できるのだが。一旦シャットダウンしたら、Windowsアップデートがなかなか終わらず、これまた不穏な動作。

同じような動きが何度も繰り返されるので、 業を煮やしてWindowsアップデートを強制的に終了させ、 直前の復元ポイントに戻る操作を実行。これまた画面が消える中を掻い潜って何度も試みてようやく完了。しかし画面が消える現象は変わらない。そこで外部入力に画面を切替えても同様に画面が20〜30秒で消えることが分かった。

これはどう考えてもディスプレイの故障。そこで元旦早々だが、購入家電量販店修理センターに連絡して修理依頼。親切に対応してもらうことができた。延長保証をつけてあるので、費用負担はほぼなさそう。しかしHDDに問題はないと思われるものの、万一の初期化に備えてバックアップはとっておかないといけない。幸い外付けのHDDにほぼ直近のものまでバックアップしてあるので、画面が消える状態ではおちおち操作もできず、結局腹を括って現況のまま修理に出すことにした。

元旦に染五郎の司会で放送した新春の伝統芸能の番組も実際の映像はほとんど観ることはできなかったが、録画はしっかりと動いていた。これもDiscに落とすことはとりあえず諦めた。3日に配送の集荷があって修理に出すことができた。しかし、こうしてPCがなくなってみると、テレビパソコンである(Blue-ray再生・録画機能付)から、修理期間中データの入力作業のみならず、映像と音楽関係がまったく視聴できないのだ。断捨離でパソコン一台に機能を集中させ過ぎた報いだろうか。

観劇の無い日は読書で過ごした。こういう静かな日々も悪くはない。しかしこれでTabletを持っていなければ、ネットからまったく遮断されてしまう。自分の生活がいかにネット上から情報を得て、またやり取りをしているかを痛感した。

修理は幸い 一週間で戻ってきた(^_^)/。ありがたや(*^^)v。やはりディスプレイのパックライトの故障で、HDDは問題なしだったとのこと。 非常に丁寧に梱包されたPCを取り出し、諸ケーブルを接続してセッテングする。電源オン、通常通りWindowsが起動した。異状なし。HDDも全ファイルともそのまま残っている。テレビ接続と受信、録画済番組の再生もまったく問題なし。Blue-rayの再生もまだ数枚だが、無事再生できた。ようやく元通りのPCライフに戻った(^^)v。

しかし、溜め込んだデータ入力の山が…(=_=)。

【2015. 01. 12 (月)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
本年もどうぞよろしくお願いいたします



明けましておめでとうございます!

本年も拙ブログならびにTwitterをどうぞよろしくお願いいたします。
【2015. 01. 01 (木)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(10) | trackbacks(0) |
Xperia tablet Zを使って満一年
明日3月22日でタブレットを使い始めてから満一年が経ちます。使用開始後の途中経過の報告はこのブログでもいくつか記事として書きました。

当初はいわゆるガラケーとはまったく操作感覚・方法が違いますので、慣れるまではあーでもないこーでもない、といろいろといじくり回していました。とにかく自分の思うように動いてくれないこと、また自分の意図とは異なる動きをすることが頻発して、大いに難渋しました。

しかし、習うより慣れろでして、なんと言いますか操作の勘所が分かってきますと何事もスムーズに動いてくれるようになりました。今ではネット閲覧(検索、チケット購入やショッピング等を含む)、メールの送受信、Twitterの投稿・TLのチェック、ブログの更新、電子書籍の閲覧、音楽プレイヤー、写真の撮影と画像管理等々タブレットなしでは一日の生活が成り立たなくなりました。

自宅のPCもいちいちネット接続する手間もあることから(今時ADSLでもあり)、最近はPCを立ち上げる機会も激減しました。さすがにExcelなどを使う時はPCでないと無理ですが、Wordなどはクラウド上のドライブと連携して文書ファイルの修正程度は簡単にできます。購入を検討していた時はそこまで考えておらず、いい意味での誤算でした。昨今PCとタブレットとの融合が進んだ背景にはこのような進化があると思われます。

もちろん、タブレットも良い点ばかりではありません。タッチ入力は私の不慣れもあるでしょうが、必ずしも正確かつ効率よくはできません。また、アプリによってはしばしば指摘されていますようにバッググラウンドで動作することにより予想外に電池を食うものもありますから、常に電池を気にしていなくてはなりません。さらには動画はほとんど使いませんでしたが、使う場合には電池およびSDカードの容量は不安です。

しかし、電池そのものの性能は使用頻度が高いにもかかわらず、幸い一年経過した今でも良好な状態です。二年契約の縛りはあっても後継機種がようやく発表された段階ですから、当分このXperiaのタブレットを使い続けるつもりです。国産メーカーを応援する意味からもです。
【2014. 03. 21 (金)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京メトロのCM 大人を愉しむ篇
堀北真希の東京メトロのCM、「大人を愉しむ篇」が流れています。彼女は、和服を着て母親と一緒に東京メトロに乗って歌舞伎座観劇だったのです。木挽町広場や歌舞伎座内の様子がチラリと出ます。こういう親孝行もいいものです。

Color your days. CM情報「大人を愉しむ篇」



JUGEMテーマ:日記・一般


【2013. 10. 12 (土)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
Xperia Tablet Zを使って半年(その一)
正確には明日22日ですが、SONYのXperia Tablet Zを購入して使いはじめてから、あっという間に半年が経過しました。一ヶ月経ったところでの使い勝手などを三回に分けて書きました。

その後は操作にさらに慣れるに従い、日常生活においてこのタブレットを手元から離すことができなくなりました。インターネット関係はまず拙ブログならびに拙TwitterのTLのチェック、情報入手、さらには情報発信(更新)、メールのチェック、発信ならびに返信はほとんどすべてタブレットで行っています。これだけの機能が使えれば、自宅のPCを立ち上げる機会は激減しました。

さらに写真の撮影、編集、拙ブログならびに拙Twitterへの投稿も頻繁におこなっています。とにかく手軽に高画質の写真が撮れるのも嬉しい機能です。

またウォークマン機能も手持ちのCDを入れることにより、ライブラリーが充実して、いつでもどこでも好きな音楽を高音質で聴くことができるのはこのタブレットの薄さを考えますと驚異的です。

しかし、10インチのタブレットの本領は当然ながら画面の大きさを生かした映像であり、これもアプリの活用により以前に比べて映像視聴が増えつつあります。しかも、八月に突然予告され、九月はじめに実施されたアップデートで、地上デジタル放送がフルセグで視聴可能になったことは天恵とも言えるものでした。もちろん、電波状況にもよりますが、受信できた画面はまさにデジタル放送の画質であり、大変美しいものです。携帯できるテレビというのは外出先でも観ることができるというメリットを最大に活かせます。

さらに最近増え始めたのが電子書籍をダウンロードしての読書です。新刊本はまだ高価ですが、文庫本や新書も多く電子書籍化されはじめましたので、気軽に読むことができます。Readerアプリは紀伊国屋書店のKinoppyを愛用しています。あたかも書店で購入したと同じような感覚と雰囲気で読めるのがいいですね。本棚もダウンロードした本が表紙を見せて並び、風情があります。


日本語入力には相変わらず苦労しています。私が元々ローマ字入力を苦手としていることが原因でしょうから、やむを得ないと思っています。

しかし、タブレットを使っている最大の効用はタッチ入力することにより、指に刺激を与えて脳を活性化できていることでしょうか(笑)。

(続く)
【2013. 09. 21 (土)】 author : 六条亭
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode