徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 新橋演舞場『獨道中五十三驛』観劇 | main | 新橋演舞場六月公演『NINAGAWA十二夜』公演詳細 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
シネマ歌舞伎『牡丹亭』の上映決定と『牡丹亭』の日本語サイト
坂東玉三郎が中国・昆劇と合同で公演している『牡丹亭』(中国・蘇州公演)が、シネマ歌舞伎特別篇として5月30日(土)より東京・東劇ほかで順次全国ロードショーされることが、シネマ歌舞伎のサイトにお知らせとして正式にアップされた。

シネマ歌舞伎

蘇州公演とあるので、今月13、14日の二日間蘇州で上演された『牡丹亭』である可能性が高い。ある方から『牡丹亭』の日本語版のサイトが出来上がっていることをご教示いただいた。貴重な情報を感謝申し上げます。このサイトでも今回の舞台の様子が追ってアップされるであろう。

中日版『牡丹亭』

坂東玉三郎のオフィシャル・サイトは、こちら

【2009. 03. 15 (日)】 author : 六条亭
| 歌舞伎 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条亭さま
越後でもシネマ歌舞伎が観られるといいのですが・・・・
地方では地域の文化振興活性化が問題になっています。わたしの生息地もそうです。
新潟市は何かと公演が多いのですが、その他の地域ではなかなか活動できない状態です。
小さな町で頑張っているところもありますが、そういうところでも伝統芸能は難しいようです。
| まるこ | 2009/03/16 7:57 AM |
> まるこ さま

シネマ歌舞伎は、松竹が劇場に来られない方々にも生の舞台に近い形で映像による歌舞伎に親しんでもらおうという狙いですね。

ですから、シネマ歌舞伎は少しでも多くの地域で上映の機会を設けてもらいたいものですね。

しかし、たしかに伝統芸能による文化振興はなかなか難しいものかもしれません。
| 六条亭 | 2009/03/16 10:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/1158
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode