徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< シネマ歌舞伎『牡丹亭』の上映決定と『牡丹亭』の日本語サイト | main | 『元禄忠臣蔵』−「江戸城の刃傷」「最後の大評定」−三月大歌舞伎の感想(その一) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
新橋演舞場六月公演『NINAGAWA十二夜』公演詳細
一昨日の新橋演舞場の観劇の際に、六月公演『NINAGAWA十二夜』のチラシが置いてあった。『NINAGAWA十二夜』の公式サイトで公演概要がアップされているので、既に公式に発表されていると思い込んでいたが、今日歌舞伎美人メールマガジン臨時号が送られ来て、はじめて新橋演舞場六月公演の詳細日程が分かった次第である。昼夜一回興行であるので、夜の部公演がお休みの日がある。

配役は、2年前の平成19年7月の歌舞伎座公演とまったく同一の不動の配役なので、ここではあえて書かない。チラシは、こちら

公演日は、平成21年6月7日(日)初日〜28日(日)千穐楽で、前回よりも公演日・公演回数とも少なくなっている。

今回のロンドン公演ではさらなる手直しがあるようだから、新橋演舞場と大阪松竹座の二ヶ月にわたるこの凱旋公演もどのように進化しているだろうか?

【2009. 03. 16 (月)】 author : 六条亭
| 歌舞伎 | comments(10) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
2年前・・・歌舞伎の知識も情熱も薄く
「十二夜」は、ノーチェックでした。
今となっては、残念無念。観ておけばよかったです。
今回は是非、観たいと思っております!!
でも、チケットが取れますかしら?
今年は歌舞伎を中心に、生活が回っている感じです!
・・・資金繰りと、日程調整でグルグル。目が回りそうです。

それが、嬉しい楽しい!!!(^O^)
| 姫 | 2009/03/16 11:30 PM |
六条亭様

私も姫様と同じく、2年前の「十二夜」はノーチェックでしたε-(ーдー)
まだ歌舞伎を観るようになってから間もない頃で、数ヶ月に一度のペースでの観劇でしたので、まぁ、ノーチェックも当然かと・・・(汗)
ですので、今回は是非とも拝見したいと思います(o≧▽゚)

いや、でも、本当に今年は何回、劇場に足を運ぶことになるのやら・・・。と言いつつ、最終的には「自分へのご褒美」という甘い言葉で誤魔化しているんですけどね〜(>ω<)ゞ

| ももんが | 2009/03/17 12:10 PM |
お二人ともまだ歌舞伎をご覧になりはじめて日も浅い時でいらっしゃれば、ノーチェックもやむを得ないですね。

シェイクスピアの世界が見事に歌舞伎化され、幸福な合体ともいうべき、ロマンチック・コメディですね。菊之助さんの一人三役(実際には二役ですが)が大きな見どころです。私は平成17年の初演からこの舞台の美しさに魅せられました。

> 姫 さま

人気のある演目の凱旋公演ですが、通常発売でもチケットは確保できると思いますね。ただ、新橋演舞場ですから、歌舞伎座より観客収容人数が少ないのが難点ですね。
| 六条亭 | 2009/03/17 10:37 PM |
> ももんが さま

菊之助さんの三役に加えて、菊五郎さん、左團次さん、時蔵さん、そして麻阿で大ブレイクした亀治郎さんなど豪華な配役ですから、是非ご覧下さい。

歌舞伎観劇、「自分へのご褒美」にはぴったりですね。
| 六条亭 | 2009/03/17 10:41 PM |
追いかけても、追いかけても・・・
追いつかない!!
そこが、私にとっての歌舞伎の魅力でもあります♪
こんなに、ひとつの事(趣味というのでしょうか?)に
積極的に自分から行動するのは、初めてです。
今、本当に楽しいです!

こちらで、六条亭様に出会えた事。幸運でした!!
ハチャメチャなコメントを書き込んでますのに
いつも的確かつ、温かいお返事を頂いて、恐縮しております。
ご迷惑かと存知ますが、今後ともヨロシクお願いいたします。

「自分へのご褒美」
これからもずっと、ご褒美をもらえるように
がんばります!
なんだか、ワクワクしてます♪



| 姫 | 2009/03/18 12:54 AM |
六条亭さま
こんにちは。

『NINAGAWA十二夜』は初演、再演とも観劇しました。
初演ももちろん魅了されましたが、再演時の菊之助さんの自然な演技と美しさは今でも忘れられません。3役を演じる菊之助さんこそ、シェイクスピアが400年待っていた役者さんだと感じました。

姫さまとももんがさまは今回初観劇ですね。『十二夜』は何度でも見たい舞台で、今回も楽しみですが、それでも初めてご覧になる方たちが羨ましいです。あの幕開けの魔法のような美しさを、まっさらな状態で体験できるのですから!!

また、皆さまと感想で盛り上がるのが今から楽しみです。
| Mickey | 2009/03/18 5:49 PM |
> 姫 さま

>追いかけても、追いかけても・・・
追いつかない!!
そこが、私にとっての歌舞伎の魅力でもあります♪

まさにその通りでして、歌舞伎は本当に奥が深く、また時代物から世話物、そして新歌舞伎、新作と幅広いですね。

ですから、どしどしご自分から能動的に追いかけてください。さらに歌舞伎の魅力を次々と発見されることと思います。

拙ブログがどこまでお役に立っているかどうかは分かりませんが、歌舞伎を愛好する方々の観劇のお手伝いが少しでも出来ているようであれば幸いです。

コメントは大歓迎ですから、これからもご遠慮なくどうぞ。
| 六条亭 | 2009/03/18 9:14 PM |
> Mickey さま

Mickeyさまも初演・再演と『NINAGAWA十二夜』の妙なる美しさに魅了されたお一人ですね。

初演時の幕が開いた時、今まで観たことがないような、まさに魔法のような美しさには陶然となりました。菊之助さんの三役は、初演時も素晴らしかったですが、再演時にはさらに工夫を重ねていて男から女、女から男への切り替えがヴォリュームをまわすように自然と変わってゆくさまは見事でした。

今回のロンドン公演でさらに手を入れての凱旋公演、また通ってしまいそうです。

姫さまも、ももんがさまもMickeyさまのコメントを読まれて、観劇への期待が高まったと思います。是非ご覧下さい。
| 六条亭 | 2009/03/18 9:24 PM |
六条亭様

六条亭様、Mickey様のコメントを拝読し、「あ〜、6月まで
待てないよ〜。あと3ヶ月近くあるじゃないかっ」と思ってしまいました(>▽<;;

個人的には、亀治郎さんの麻阿に大注目なのですが、
それよりも何よりも幕開けから魔法のような世界を体験できるのですね!
本当に楽しみです♪
| ももんが | 2009/03/19 12:51 AM |
> ももんが さま

そうですね、まだ上演まで3ヶ月近くありますね(^_^;)。

でも上演を待ち焦がれる以上の美しさに溢れていますから、指折り数えてお待ち下さい。初日と千穐楽ともに日曜日ですね。私も初日から行ってしまいそうです(^^ゞ。

是非観劇されて、またその感想で盛り上がって下さい。
| 六条亭 | 2009/03/19 9:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/1159
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode