徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 『元禄忠臣蔵』−「御浜御殿綱豊卿」−三月大歌舞伎の感想(その二) | main | 『元禄忠臣蔵』−「南部坂雪の別れ」「千石屋敷」「大石最後の一日」−三月大歌舞伎の感想(その三) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
シネマ歌舞伎『牡丹亭』ロードショーの続報
シネマ歌舞伎のサイトに『牡丹亭』ロードショーに関しての続報とチラシがアップされている。これによれば、今回の映像はシネマ歌舞伎初の中国現地収録で、しかも3月13日・14日中国・蘇州 科学技術文化センターにて上演されたばかりの舞台を撮影したものである。玉三郎の自信のほどがうかがえる。上映時間がまだ分からないが、チケット代も従来と同じ料金とはこの時節ありがたい。

シネマ歌舞伎特別篇 坂東玉三郎・中国昆劇合同公演 中日版昆曲『牡丹亭』

同 チラシ

なお、東劇が5月30日(土)から上映に加えて、福岡中洲大洋でも6月27日(土)〜7月17日(金)の間の上映が決まった。さらに順次全国でロードショーの予定である。

【2009. 03. 19 (木)】 author : 六条亭
| 歌舞伎 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条亭さん、こんにちは! 17日まで北京にいましたので、蘇州での『牡丹亭』公演のネットでの情報は帰国後に目にしましたので、参上が遅れ申し訳ありませんでした。この時期に北京に行ったのは劉錚さんの舞台があったのと、もちろん蘇州に飛んで玉三郎さんの牡丹亭を見れればと思ったからなのですが、いろいろと条件がかみ合わず、結局蘇州に行くのは断念しました。

前回の北京公演が運悪く四川大地震の直後に開催されたもので、会場も狭く、中国人の関係者があまり見なかったのに対して、今回は蘇州で一番大きい劇場での公演で、しかも前回の北京公演での評判を聞きつけて上海など近郊の都市からも見に来た人もいたようです。ネットを見る限りでは今回は文字通り「中国でも話題沸騰」になっています。

時間があればちゃんとレポートしたいと思います。
| 紅娘 | 2009/03/21 5:35 PM |
> 紅娘 さま

北京に行っていらしたのですね!

玉三郎さんの今回の新「牡丹亭」の上演は、私もネット上の情報をお知り合いの方からいただいたものを読んだのみですが、「中国でも話題沸騰」のようですね。

中国の情報について、またご教示くだされば幸いです。

とにもかくにも私は南座公演も観劇していないので、今度のシネマ歌舞伎の上映を待ち焦がれています。
| 六条亭 | 2009/03/21 11:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/1161
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode