徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 松本清張『対談 昭和史発掘』を読む | main | ガーディナーのドヴォルザーク交響曲第7番&モーツァルトのミサ曲ハ短調(DVD) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
映画『スター・トレック』を観る
スター・トレック オフィシャルサイト

久しぶりにSF映画を観に行った。話題のスター・トレックの新作である。元々私は『2001年宇宙の旅』『猿の惑星』以来のSF映画ファンである。だから、もちろん『スター・ウォーズ』は全作品観ている。この『スター・トレック』シリーズも、『宇宙大作戦』の名前でテレビ映画が放送された時から大いに愉しんだ一人である。宇宙船「エンタープライズ」、カーク船長、ミスター・スポック、医師のマッコイなどの出演者のキャラクターに親しんだ人も多いと思う。なかでもバルカン星人との混血であるミスター・スポックを演じたレオナード・ニモイは出色だった。

その後人気が出て映画化されてシリーズにもなったが、SF映画としてはあまり上出来ではなかったように思う。そこへこの新作。不安と期待が相半ばしながら観たが、SF映画としてはまずは一級品の仕上りだった。ストーリーは、言わば『スター・トレック』の前史。いかにしてカークが宇宙船「エンタープライズ」の船長になるか?またスポックはどうして?という点が丁寧に作られている。ただ、強いてあげれば以前のシリーズと辻褄を合わせようとしている部分がかえって分かりにくいのが欠点である。若いスポックと年老いたスポックの対面で、レオナード・ニモイが登場したのもオールド・ファンには嬉しいサービスであった。

JUGEMテーマ:映画
【2009. 06. 20 (土)】 author : 六条亭
| 映画 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条亭さま

実は、私も幼い頃からのスタートレックファンです。
NHK・BS1でのデジタルリスマターされたテレビシリーズ再放送をみています。
「その男の名はジェームズ・T・カーク」というポスターを見てからずっと気にはなっていたのですが、六条亭さまの感想を拝見して、映画館へ足を運ぼうか・・・と考慮中です。
| 角筈のお静 | 2009/06/21 10:53 AM |
> 角筈のお静 さま

おっ、ここにもスタート・レックファンがいらっしゃいましたか!BS1でデジタルリマスターされたテレビ再放送シリーズは気がつきませんでした(^_^;)。

ぐっと若返った新「スター・トレック」、ファンには見逃せない映画だと思います。
| 六条亭 | 2009/06/21 11:04 PM |
六条亭さま
同じくファンでした。^^
| まるこ | 2009/06/21 11:14 PM |
> まるこ さま

もう一人ファンの方がいらっしゃいましたか!

往年のファンには今度の映画はどう受け止められるでしょうか?
| 六条亭 | 2009/06/21 11:16 PM |
六条亭さま

先日私も「スタートレック」を観ました。
正直なところ、私は元々スター・ウォーズ派でスター・トレックはどちらかというと苦手だったのですが、今回の映画は文句なしに楽しめました。子供時代のキャプテン・カークやミスター・スポックが出てきただけでわくわくしました。

特に、レオナード・ニモイが登場した場面では、何の予備知識もなかったため、まさか出演しているとは知らず、懐かしさのあまりにほろりとしましたが、ファンの方でしたら感激もひとしおでしょうね(^^)
| N | 2009/06/22 1:58 PM |
> N さま

私同様、『スター・トレック』をご覧になったのですね!スター・ウォーズ派だったとおっしゃるNさまが文句なしに楽しめたのであれば、まさに今回の新作は大当たりですね。

私も新作ならば観なくては、と軽い気持であまり予備知識なく劇場へ行ったのですが、子供時代のカークとスポックの登場、そしてレオナード・ニモイ演じる老いたスポックまで出てくるに至っては、涙なしには観ることが出来ませんでした(^_^;)。
| 六条亭 | 2009/06/22 10:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode