徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 『柳生一族の陰謀』(DVD)を観る | main | 七十万アクセス御礼m(_ _)m >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
夢枕獏『陰陽師 天鼓ノ巻』を読む
評価:
夢枕 獏
文藝春秋
¥ 1,350
(2010-01-28)
Amazonランキング: 732位
Amazonおすすめ度:
陰陽師が戻ってきた!

あの稀代の陰陽師安倍清明が、源博雅とともに3年ぶりに帰ってきた。しかも、今回は琵琶法師蝉丸も登場する短編が多い。平安の都に跳梁する魑魅魍魎を明快に解き明かす清明も笛の名手博雅も変わらないが、全7編の短編は長短あり、いずれも多彩である。そこには人間として生きる哀しみも喜びもあり、優しさも憎悪もある。しかしそれらをすべて温かく包み込むように清明は屋敷の簀子の上に座して、博雅と酒を酌み交わし、季節の移ろいを愛で、清明の笛と蝉丸の琵琶を楽しんでいる。

制咤迦童子に落ちた霹靂神(はたたがみ、雷)が、笛と琵琶の音に惹かれて、二人にあわせて鞨鼓を「てん、てん、ててん、ててん」と空で楽しそうに叩く『霹靂神』は短いながらも本短編集の白眉である。いつもながらの村上豊の見事で愉快な装画・装丁はこのタイトル「天鼓ノ巻」をずばりと表していて、秀抜である。

JUGEMテーマ:読書
【2010. 02. 07 (日)】 author : 六条亭
| 読書 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
読書のカテゴリーで初めてのコメント??汗;
夢枕獏の陰陽師シリーズは大好きで全部読んでいます!
文庫で・・・
昨年12月に「夜光杯の巻」を買いましたが、
いまだ積読状態・・・涙
単行本から文庫本になるまでに、結構時間がかかりますよねー
本当は単行本で読みたいのですが、なんだかもったい!
図書館へ行けばいいのでしょうが、その時間もなく・・・
ゆるりゆるりと文庫になるのを待つのです。

そして、密かに・・・
嫁に行くなら源博雅!!と思ってます。(爆獏)
| 姫 | 2010/02/08 12:12 AM |
> 姫 さま

歌舞伎以外記事で初コメントありがとうございますm(_ _)m。

この『陰陽師』シリーズは一度はまると全部読みたくなりますね。「夜光杯ノ巻」まで文庫化されていますので、手に入りやすいと思います。新刊から文庫化まで通常ですと3年程度かかりますから、図書館で借りることが一番の早道でしょうね。最近の図書館はリクエストで希望の本を押さえてくれますので、助かります。

この新刊「天鼓ノ巻」は今までの陰陽師シリーズを踏襲しているのはもちろんなのですが、新しい試みもあり非常に面白く出来上がっていると思います。
| 六条亭 | 2010/02/08 9:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode