徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 案内人/坂東玉三郎・撮影/篠山紀信『THE LAST SHOW』 | main | 八月花形歌舞伎初日通し観劇 >>
宮部みゆき『あんじゅう−三島屋変調百物語事続』を読む
評価:
宮部 みゆき
中央公論新社
¥ 1,890
(2010-07)
Amazonランキング: 77位
Amazonおすすめ度:
おちかを応援する様々なキャラクターが登場
これぞ宮部みゆき!
至福の時

宮部みゆきがまたまた大ヒットを飛ばした。『おそろし 三島屋変調百物語事始』の続編、『あんじゅう−三島屋変調百物語事続』である。袋物の店三島屋に引き取られた女主人公おちかは、ある不幸な事件で傷ついていて、おちかの傷を癒すために叔父の伊兵衛は、同じような不幸な過去を持った人間たちを三島屋の黒白の間に呼んで、おちか一人に不思議な事件を語らせるという設定は変わらない。

今回の四篇は、まさに可愛くて、奇妙で、切なくて、ちょっと怖い話である。しかし、前作以上に登場人物が増えて、お勝、新太という奉公人、そしてこれこそが宮部みゆきの独擅場であるいたずら坊主三人組、さらには青野利一郎なる塾の先生(おちかの恋の相手になりそうな雰囲気もある)、偽坊主の怪僧行然などが躍動しているから、堪らない。新聞連載時の好評だったという南伸坊の可愛いキャラクターのイラストも本文を妨げないように工夫され、多数収録されているのも嬉しい。詳しくレビューを書くよりも、とにかく読んで欲しい、と言いたい。きっと百物語の世界にたっぷりと浸ることが出来るであろう。そして、心温まり、癒されるであろう。

『あんじゅう−三島屋変調百物語事続』特設サイト

なお、前作『おそろし 三島屋変調百物語事始』のレビューは、こちら


JUGEMテーマ:読書


【2010. 08. 06 (金)】 author : 六条亭
| 読書 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2017. 04. 17 (月)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2011/11/18 5:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/1602
トラックバック
「あんじゅう三島屋変調百物語事続」宮部みゆき
さあ、おはなしを続けましょう。三島屋の行儀見習い、おちかのもとにやってくるお客さまは、みんな胸の内に「不思議」をしまっているのです。ほっこり温かく、ちょっと奇妙で、ぞおっと怖い、百物語のはじまり...
| 粋な提案 | 2011/11/18 4:58 PM |
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode