徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 『道行初音旅』『川連法眼館の場』−第八回亀治郎の会雑感(その一) | main | 日生劇場十二月大歌舞伎の演目と配役の発表! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
映画『十三人の刺客』は9月25日公開
今年の時代劇映画のなかで、私がもっとも注目している『十三人の刺客』が9月25日(土)公開に向けて、公式サイトのリニューアルはじめ、宣伝活動が本格化している。

『十三人の刺客』公式サイト

映画「十三人の刺客」(演劇ニュース)

この映画は工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演で1963年に封切られた東映京都撮影所制作の時代劇のリメイク版である。『十三人の刺客』は「集団抗争時代劇」の代表作として名を馳せた映画で、ラストの約30分に及ぶ集団による殺陣は、他の時代劇に大きな影響を与えたばかりではなく、後の任侠映画にも同様の影響が見受けられる。東映時代劇の黄金時代の主流だった主役一人が悪者を斬る殺陣ではなく、罠を仕掛けた木曽落合宿で刺客と襲われた大名の家来たちが相乱れての集団乱闘劇は壮絶の一語に尽きた。

また脚本を書いた池上金男は、後に池宮彰一郎の筆名で小説を書き、忠臣蔵を新鮮な視点で捉え直した『四十七人の刺客』を発表していることでも有名である。今回のリメイクでは、三池崇史監督のもと役所広司主演で、実力派の俳優を揃えた布陣となっているから、大いに期待したい。

なお、この映画は第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されることが決定しているとのこと。

JUGEMテーマ:映画
【2010. 08. 23 (月)】 author : 六条亭
| 映画 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
「十三人の刺客」の脚本は、池宮彰一郎さんだったのですね。
私は、忠臣蔵大好きなもので、最近改めて「四十七人の刺客」と「最後の忠臣蔵」を読んだところです。
原作は谺雄一郎(こだまゆういちろう)さんという方のようですので、こちらも読んでみたいと思います。
また、楽しいお知らせをお待ちしています。
| にしどん | 2010/08/24 8:29 PM |
> にしどん さま

映画『十三人の刺客』に衝撃を受けた一人でしたから、その脚本家の方が池宮彰一郎としてデビューした時は、なるほどと納得した出来栄えの小説になっていました。

そう言えば、『最後の忠臣蔵』も役所広司主演で映画化されて、12月18日公開でしたね。こちらは、仁左衛門さんも出演しています。

http://wwws.warnerbros.co.jp/chushingura/main.html
| 六条亭 | 2010/08/24 10:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/1618
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode