徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 『女殺油地獄』−二月花形歌舞伎第二部の簡単な感想 | main | ついにPCの買い替え >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017. 04. 17 (月)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
『お染の七役』−二月花形歌舞伎第一部の簡単な感想
花形歌舞伎第一部は猿之助四十八撰の内の『於染久松色読販』、いわゆる『お染の七役』である。立役の猿之助がこの女形が七役を早替りで見せる演目を四十八撰に入れたのは意外に感じたものである。しかし、ご本人なりの考えがあって、いわゆる3Sを標榜した猿之助歌舞伎には早替りが欠かせない要素であるから、あえて選んだものとも考えられる。

現在活躍中の女形では玉三郎と福助が演じた七役を私は観ている。福助がある意味で自由奔放に七役を演じ分けたのに対して、玉三郎は五代目河原崎國太郎から教えを受けた、古風な、それでいて土手のお六などは典型的な悪婆の見本のような出来になっていた。

今回は亀治郎が七役に挑んだ舞台である。最近は澤瀉屋の芸の継承を宣言して、意図して立役も多く務め、猿之助が復活した通し狂言も次々と上演している。そういう意味ではもともと女形から出発した亀治郎にとって、この『お染の七役』は満を持しての上演ということになろう。

しかし、結論から言うと亀治郎の七役がすべて成功したとは言えないように思う。私が観劇した日が初日から二日目という点を割り引いても、七役の演じ分けが精一杯で、全体として淡白であり、山場がなくさらさらと流れている印象があったからである。七役で一番性格として演じ甲斐のある土手のお六にその点が顕著である。この辺は亀治郎なりの計算があるのであろうが、油屋での強請の場面もずいぶんあっさりとしているように感じられた。ここはもっと手強くてもよいであろう。

ほかの女形の役ではお光の一途さ、そして狂ってからの哀れさが秀逸である。蓮っ葉で、仇っぽい芸者小糸も亀治郎が得意としている役柄である。それに対して、奥女中竹川とお染の母親貞昌はまだ手に余る感じである。お染自体は悪くはないが、久松との早替りが多く、誰が演じても大家のお嬢様を綺麗に見せるのが意外と難しい。久松は言わば狂言回しの役であるが、まめまめしく品があり、最近の立役の好調さを裏付けたと言えよう。

染五郎の鬼門の喜兵衛は何回も演じているので、手馴れてきた役作りであるから、安心して見ていられるが、さらに骨太の悪が求められるであろう。秀調の油屋太郎七と友右衛門の山家屋清兵衛が手堅く脇を固めている。門之助の久作は健闘しているものの、まだこの人には向いていない役ではないだろうか?亀鶴と笑也の二人がお光と絡む踊りは、観ていて爽やかである。亀鶴の船頭長吉は颯爽としているのがよい。

注文をだいぶ書いたが、このあたりは亀治郎のことであるから、日を追うごとに手直しされてくるものと考えられる。早替りはござを使った瞬間的な早替りに着物が開いて見える些細なミスがあったが、そのほかは完璧で見事である。スッポンのない花道での駕籠を使った早替りはタネを知ってしまえば当たり前の手品のようなものであるが、それにしても狭い仮設花道での早替りは鮮やかである。

【2011. 02. 10 (木)】 author : 六条亭
| 歌舞伎 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2017. 04. 17 (月)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条艇さま
2月テアトル銀座の詳細な感想、ありがとう塗材ます。拝読させていただいて、舞台の雰囲気がつかめました。
僕は前進座の当代国太郎丈が七役を演じたのを、南座で見ましたが、その時の喜兵衛は圭史丈、久作は梅之助丈でした。ご両人とも結構でしたが、特に梅之助丈の久作が朴訥でユーモアもあって、まことに良かったです。
玉三郎丈が歌舞伎座で最近演じられた時の久作は段四郎丈でしたが、あの久作も良かったですね。
この芝居の久作は、人物像が曖昧で、演じる方途したら、演じにくい役かもしれませんね。門之助丈にとってこの役はニンに無い役の筈なのに、そういう役を誠実に勤めておられる点は評価したいと思いました。
| 蘭鋳郎 | 2011/02/11 3:42 PM |
> 蘭鋳郎 さま

コメントありがとうございます。

二日目の観劇でしたから、少々辛めに感想になりましたが、亀治郎丈のことですから、きっと日を追う毎にのって来ると思います。

ご指摘のように久作はどなたが演じても難しい役どころですね。私も玉三郎さんが平成15年10月に七役を出した時の段四郎丈が朴訥で強く印象に残っています。

門之助丈は今までこのような役は演じていませんから、毎日悩みながら演じていると、瀧乃屋日記にありますね。

http://blog.monnosuke.net/
| 六条亭 | 2011/02/11 11:14 PM |
しばらく、観劇感想がまともに書けていませんでしたが、ようやくル テアトル銀座歌舞伎2月公演の夜と昼を2日続けて連続アップできました。昼の部のURLを入れさせていただきますm(_ _)m
今回の澤瀉屋版「お染の七役」は、プログラムによると猿之助が1991年に演じたものを今回は奈河彰輔と猿之助の改補・演出で練り上げていて、猿之助自身が「亀治郎には自分以上に適した演目」と言葉を寄せているので、“猿之助四十八撰”を亀治郎に本格的に芸を継承させる意欲を感じました。
七役の演じ分けも荒削りながら頑張っていたと思います。久松が予想以上によかったですが、一番難しかったのはお染だったように思います。玉三郎丈の七役も観ていて、そのお染がよかったのでそれと比べてしまうのはよくないので割り引いては観てはいるのですが・・・・・・。
昼は亀治郎に染五郎がつきあって、夜はその反対というのがまた実によい組み合わせで、気心がしれた二人の舞台は呼吸もあっていてよかったです。また、今回の顔ぶれをよく見ると2006年3月のPARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」につながり、そこに澤瀉屋一門もうまく組ませてのいい座組みだったと気がつきました。これからもこの二人が組むのは楽しみになりました。
| ぴかちゅう | 2011/02/20 3:14 PM |
> ぴかちゅう さま

澤瀉屋版「お染の七役」は亀治郎丈の意欲的な取り組みですが、私が観劇した二日はまだ十分こなれておらず、七役の早替りで精一杯という印象でしたね。私は上記記事に書きましたように土手のお六が不満でした。やはり玉三郎丈の七役と比較してしまうので止むを得ないでしょうね。

染五郎丈とのコンビはよく、私は第二部『女殺油地獄』の方が総合的には面白かったと思いました。

TBをうちました。
| 六条亭 | 2011/02/20 9:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/1752
トラックバック
11/02/12 ル テアトル銀座歌舞伎「お染の七役」亀治郎奮闘公演!
続けて12日に観たル テアトル銀座歌舞伎の昼の部の感想を書くことにする。 この間、亀治郎はTVの嵐やTOKIOの番組にこの公演の宣伝のために連続して出演していたが、その度に映し出された公演のポスターやチラシの写真撮影は蜷川実花さんのもの。父の蜷川幸雄が「
| ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記 | 2011/02/20 11:38 PM |
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode