徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 七月の観劇予定 | main | 七月大歌舞伎昼の部観劇 >>
『鏡獅子』『江戸の夕映』― 海老蔵復帰の新橋演舞場夜の部初日雑感
昨年12月の殴打事件がもとで無期限謹慎をしていた海老蔵が舞台復帰した初日夜の部を観劇しました。演技の巧拙は別として、やはり海老蔵は役者としての天性の華を持っていることをあらためて感じました。満員の観客も熱く盛大な拍手で今回の復帰を迎えました。ご本人もこれらのファンの人々の期待を裏切らないよう、私生活を含めてなお一層精進してほしいものです。

『鏡獅子』

鏡獅子の前半の弥生は稽古を重ねてきたであろうことが随所に見られる柔らかく丁寧な踊りです。以前はともするといかにも立役の女形舞踊と見えるようなゴツゴツしたところがあったのですが、今回は違和感なく観ることができました。

後半の獅子の精は一転して、エネルギーがほとばしるような勇壮なもので、毛振りも初日からかなり飛ばしていると見受けました。ただ、睨みを入れるのは個人的にはいかがなものかと思います。玉太郎・吉太朗の胡蝶の精が一生懸命可愛く踊っています。

『江戸の夕映』

大佛次郎のこの新作歌舞伎は成田屋にゆかりのあるもので、主役の大吉を演じる團十郎が今回は演出も兼ねています。

大吉は元旗本で、今は芸者と夫婦になっています。もう少し粋と洒脱さがほしいところです。しかし、元々どちらかと言えばニンにはあわないこの役をあえて演じてまでこの演目を海老蔵復帰の舞台出演に選んだ團十郎の人情味溢れる熱演は、函館から戻りながらも武士の分を立てようとする小六の頑なさをよく解きほぐします。「よく帰ってきたな」と酒を注ぐ場面は海老蔵復帰と二重写しになります。しかも、赤々と照り映える夕映のなかで、駆け付けた許嫁のお登勢(壱太郎)と言葉にならない再会を果す小六。そして大吉・おりき(福助)夫婦が並ぶ幕切れは感動的ですらありました。

福助は前半はやや伝法過ぎますが、後半は大吉とよい夫婦ぶりです。壱太郎は最近めきめきと成長している若女形ですが、ここでも一途で、健気な旗本の娘を好演しています。その父を演じる左團次も一刻者でありながら、内に秘める温かさを巧まず見せています。

萬次郎、市蔵、亀鶴、宗之助など周囲も芸達者が揃います。

ほかに『吉例寿曽我』。梅玉を別格としますと、中堅の役者たちが様式的な狂言のなかで各々噛み合っていないので、どうも空虚な感じが拭えません。台詞回しをもっと勉強してほしい役者もいて、残念です。

【2011. 07. 03 (日)】 author : 六条亭
| 歌舞伎 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2017. 04. 17 (月)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条亭様

暑中お見舞い申し上げます。
7月は今日昼の部を見てきました。9日の土曜日に夜の部を見るので、ご感想が参考になりました。

本日も海老蔵さんの復帰に観客からの盛大な拍手がありました。一層の精進をして、頑張ってほしいですね。あの事件の為に、歌舞伎と歌舞伎界へのイメージを悪くした歌舞伎ファンでない人も歌舞伎を見るようになるくらいに。

楊貴妃は初めてみました。女形のみなさん華やかで、梅玉丈も玄宗皇帝にぴったりでした。
| Clementine | 2011/07/03 9:00 PM |
> Clementine さま

今日昼の部をご覧になったのですね。昨日の初日をご覧になった方のお話をうかがうと、團十郎丈、海老蔵丈とも『勧進帳』では大変な緊張ぶりだったようです。

夜の部は雑感に書きましたようになかなか充実していました。お楽しみに。

大佛版の楊貴妃は私もまだ拝見したことがありませんから、来週の観劇に期待したいと思います。
| 六条亭 | 2011/07/03 9:59 PM |
9日に昼の部を、23日に夜の部を観てきました。七月は猿之助がいなくても澤瀉屋一門に玉三郎丈や市川宗家を上置きにしてきた公演が続いていましたが、今年は完璧に海老蔵復帰公演で澤瀉屋一門は添え物になっていたのがちょっと寂しかったです。その分は10月の演舞場でとりかえしましょうか。亀治郎と澤瀉屋一門がしっかり座組みを組んだ公演が楽しみです。
昼夜通じて「江戸の夕映え」が一番楽しめました。團十郎の大吉が海老蔵の小六に、一途に待っていた許嫁のお登勢のために新しく生きろという気持ちをぶつけるところが、海老蔵復帰公演にぴったりと重なったこともよかったと思います。
| ぴかちゅう | 2011/07/28 10:31 PM |
> ぴかちゅう さま

旅行から帰りましてからもPCに向かう時間がとれず、コメント返しが大変遅くなりまして申し訳ありません。

古くからにファンの方々には寂しいでしょうが、澤瀉屋一門は今非常に難しい時期に差し掛かっていると思います。ですから、単独での公演を目指すよりも十月花形歌舞伎のように亀治郎を中心にして演目を組んでゆくことがベターと考えています。

七月の海老蔵復帰公演は、私も『江戸の夕映』が一番楽しめました。團十郎丈がこの演目を復帰公演に選んだのもよく理解できました。

TBをうちました。
| 六条亭 | 2011/08/03 9:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/1809
トラックバック
11/07/23 新橋演舞場七月大歌舞伎夜の部の感想をまとめて
7/9昼の部の感想 23日に夜の部を鑑賞。 30分の短い演目「吉例寿曽我」の鶴ヶ岡石段の場のがんどう返しの後の大薩摩が終わる頃にようやく着席(八幡三郎の猿弥と近江小藤太の右近は見ていない)。 大磯曲輪外の場でちゃちな富士山の背景に大ゼリに乗った登場人物が上がって
| ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記 | 2011/08/03 11:58 PM |
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode