徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 新橋演舞場九月大歌舞伎の演目と配役の発表! | main | Xperia Tablet Zを使って一ヶ月!(その三) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
Xperia Tablet Zを使って一ヶ月!(その二)
(その一からの続きです)

いよいよ実際にタブレットを手にして操作しようとする時に普通ですと機種に一緒に入っているマニュアルを読みながら行います。このタブレットにも小さく折り畳んだものがありました。しかし確かにごく基本的なことは分かるのですが、さらに一歩踏み込んだことが書いてありません。

しかもタッチパネルにはじめて触った者には触り方のコツのようなものがあるのだと思いますが、どうも上手く動いてくれません。しかもその誤作動の原因が分からないのです。ボタンにタッチする場合にはなるべく上の方に触らないとダメらしいことが試行錯誤を繰り返すうちになんとなく分かって来ましたが、そんなことはマニュアルのどこにも書いてありません。また、パネルは指先に敏感に反応しますから、ちょっとしたミスタッチでも間違った動作をします。スマホのような小さい画面でも皆さんはよくミスタッチがないな〜、と感心しつつ自分の指先の不器用さにブツブツ言いながら操作を繰り返します。

これはPCのようにマウスを使った方がよっぽど楽だと最初は思いました。日本語入力の方法としてiモード携帯で使われているトグル入力(「あ」のボタン5回押すと「お」になる)とフリック入力(「あ」のボタの回りに時計回りに「い」〜「お」が配置されているので、それをタッチ)の二つの方式が用意されており、それ以外にも通常のローマ字入力方式と手書き入力方式まで用意されています。

これは便利なようでいて、どれも入力方式そのものをマスターするまで時間がかかります。私は日本語ワードプロセッサー(いわゆるワープロ)は親指シフト方式で覚えたものですから、今もってローマ字入力方式は苦手です。大体、母音のu、i、oが隣り合わせに並んでいるのは誤入力のもとだと今でも思っています。またもや自分の不器用さを棚にあげています。 しかし、現実はローマ字入力が最も早く文字を打てるので、一時はフリック入力方式で試したものの、結局はローマ字入力に戻ってしまいました。それができるのもタブレットだからこそで、横画面を基本にすれば私のような下手でもどうやら入力はできるようになりました。それでも誤入力、誤変換が多くて、見苦しいことおびただしく、読む方にはご迷惑をおかけしています。

話は前後しますが、タブレットの機能のなかではまず最初はカメラを使えるようにいろいろと試してみました。これは幸い歌舞伎座新装開場前に行われた「お練り」で実際に撮影までしましたから、どうやら簡単な操作はマスターできました。もちろん、そこには直前に控えた初日に新しい歌舞伎座内外を撮影したいという希望があったからです。私に限らないと思いますが、人間は必要に迫られないとなかなか新しいことは習得できないようです。もっとも、ただ撮影はできてもそれを編集するやり方がこれまたPCとは異なっていて、一苦労です。総じてタブレットを含むスマホのアプリは、やはり操作上の勘所があるようで、それを見付けて慣れるしかありません。

カメラ機能とともにもっとも期待していたのがウォークマンです。大変素晴らしい音質で、さすがに音のソニー!を実感させてくれます。カセットのウォークマン時代から愛用していましたが、その期待をはるかに上回るものだと思いました。ヘッドホンが付属していますが、手持ちのものに替えるとさらに良い音になったようです。早速CDをUSBケーブル経由でタブレットに入れてみました。この操作はあたかもPCに外部機器を接続した時と同じようにドラッグ&ドロップで非常にスムーズにできます。

ウォークマンの曲目リストはアルバム別やアーティスト別などに分かれており、再生には便利です。インデックスを表示させながら聴くことができるのはなんとも言えず快感です。しかも、最初は気が付かなかったのですが、複数のアプリの立ち上げができるのですから 、例えばネットを閲覧しながら音楽を聴くことまでできるのです。

(この項、さらに続きます)
【2013. 04. 25 (木)】 author : 六条亭
| 雑記 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条亭様

慣れるとたのしいですね。私はiphoneは遊び感覚でいろいろやっているうちに覚えました。

| Clementine | 2013/04/26 12:02 AM |
> Clementine さま

たしかに遊び感覚で操作しないと覚えることはなかなか難しいですね。

私の場合それに加えて機械を使って楽をしたいというよこしまな動機が強いです(^^;。

今日盛綱陣屋の幕見をしてきました。仁左衛門さんの口跡に酔い、疲れが吹き飛びましたよ。
| 六条亭 | 2013/04/26 9:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/2014
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode