徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 「歌舞伎サイコー」の若手たち | main | なぜか今年の花粉症は? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
『京鹿子娘二人道成寺』の遺したもの
書きます、書きます、と言いながらなかなか書けなかった、二月の玉三郎・菊之助による二人花子の『京鹿子娘二人道成寺』のまとめを、狼少年にならないうちに、書いておきたい。今さら遅いことを十分承知のうえであるが、これをまとめておかないと何か忘れ物をしたようでいけない。ただし、今まで観劇の感想として書いたものと当然ながら重複するうえ、多くの方々が既に書かれていることとも類似したような部分もあることをはじめにお断りしておきたい。

  慳柴酸寺』ものとしての斬新さ

安珍・清姫伝説から作り上げられた、いわゆる道成寺ものは、その集大成として立女形が踊る大曲舞踊として、『京鹿子娘道成寺』に収斂して行ったことは、その規模の大きさと完成度の高さ、長唄としても比類ない素晴らしい曲、などの点から言っても当然と考えられる。その結果、そのヴァリエーションとして、『男女道成寺』や『奴道成寺』などが出来、この『二人道成寺』もその一つであることは言うまでもない。だから、過去の上演記録を見ても、二人の女形(先輩・後輩、親子、兄弟などの組み合わせ)が花子・桜子として、通常一人で踊るパートをそれぞれ踊り分ける形だったようだ(なかには梅幸、菊五郎、菊之助の三代による異色の『三人道成寺』もあった)。

しかし、二年前の玉三郎と菊之助による『二人道成寺』は、二人花子として「光と影」、「陽と陰」など表現されるように、今までの二人道成寺と異なって、新しい振り付けにより二人がまさに一人の花子が二人に分身したごとく、ある時は同じ振りでの連れ舞い、ある時は鏡像のごとく絡み合い、またある時は仲の良い姉妹、さらにはある時には同性愛者のごとき妖しさをたたえていて、そこに醸し出される比類ない美しさは、観るものを陶酔させ、熱狂させた。

今回の再演は、それがさらに磨きあげ深めてられており、「花のほかには」で白拍子となって登場する時、前回とは違って前に菊之助、後ろに玉三郎と重なっているのは、二人花子の関係がより立体的になり、くっきりと分かる工夫となっていた。

道行の花道の出は菊之助のみで、「さりとては」で玉三郎がスッポンからせり上がるのは、はじめから花子の正体が蛇体だということを見せてしまうことになる、との批判もあるが、それはあまりにも硬直的な考えにとらわれているようで、安珍・清姫の世界は、無限の可能性を秘めた物語伝説である以上、玉三郎の言うように「花子は亡霊であり、ある意味何でもあり」と考え、さらなる新しい発想で道成寺ものをも考えることは、歌舞伎の演目をより豊かにするものだと思う。

◆ゝ毒圭の成長によるよる美的洗練度の高まり

初演時は、菊之助が玉三郎の踊りに必死について行く姿が、演目の新鮮さとともに大きな感動と評判、衝撃を与えたが、1ヶ月の興行期間中でも菊之助の踊りの上達度は見違えるほどであった。それから二年、その間の菊之助の成長・充実振りは、『NINAGAWA 十二夜』『加賀見山旧錦絵』『児雷也豪傑譚話』などの主演を通じて目覚しく、今回の舞台でもその成果は遺憾なく、十二分に発揮された。まず何よりも、その匂うがごとく、また溢れんばかりの清潔な若手女形の色香は、玉三郎の外面のみではなく内面的にも成熟した彫りの深い美しさと相俟って、時に溶け合い、時に拮抗する「美の競演」となって、まさに歌舞伎女形舞踊の最高峰を観る思いであった。

もちろん、玉三郎の舞踊は既に余人には真似できないような独自の境地に達しており、「恋の手習い」でも手拭いをたくみに使って、何ともしどけない女の恋の雰囲気を出している。また、瞬間瞬間に見せる鐘への恨みは、その眼の力に鋭く宿っていて、観る者を戦慄させる。一方、菊之助も三段傘のところや、「ただ頼め」での一人での踊りでも、その可憐かつ素直な美しさを出している。その二人が絡み合う「鞠歌」、鞨鼓での華やかな所作、そして鈴太鼓から一気に鐘入りまでに行く早い踊りの部分は、もう眼福としか表現のしようがない。

 謡と乱拍子

今回乱拍子があらたに付け加えられたが、それは最初中日まで一部変更はあったものの、謡付きであった。それも正確に言うと10日、11日を除き初日〜14日までは斉唱、その二日間のみ菊之助が先に謡い始める輪唱と、三つのヴァージョンが一ヶ月の舞台で試みられたのであった。何故謡が途中でなくなったは不明であるが、謡がある方がこの二人道成寺には合っていて良かったと思う。とくに私は三回の観劇でそのすべてに出会うという幸運に恵まれたが、謡い付きは乱拍子には相応しいうえ、輪唱は木霊のように聞こえて、分身としての花子を強烈にイメージできたので、このやり方がもっとも合っていたように思う。斉唱も悪くはないが、謡を復活するならば、次回は是非輪唱で聞きたい。

いずれにしても、この二人花子による『京鹿子娘二人道成寺』は、最近の歌舞伎でも滅多に観ることの出来ない比類ない美しさに溢れた舞踊であった。道成寺ものを語る時、そして21世紀を歌舞伎を語る時には、必ずや引き合いに出される記念すべき上演になろう。さらなる再演で、より進化・発展をも期待したい。
【2006. 03. 09 (木)】 author : 六条亭
| 歌舞伎 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条亭さん、TBをありがとうございました。
力のこもった記事、堪能いたしました。
それにしても、本当にいい舞台だったようで、改めてみられなかった無念が…。我知らず蛇体になりそう(笑)

乱調子がついたとのことは、他の方のブログでも読んでおりましたが、実際にみてみないとその変化でどう舞台がふくらんだのか、ピンと来ないものですね〜。
ただ、六条亭さんがすべての試みをご覧になられたのは、本当に何よりでした。生ものの舞台、日々試行錯誤している軌跡に立ちあえると、一層ワクワクしますよね。
玉三郎贔屓の六条亭さんの、感動と喜び全開のご感想、とても嬉しいです。芝居の醍醐味を感じました。
| ぽん太 | 2006/03/11 7:01 AM |
二月歌舞伎の演目が決まった時から、期待に期待して観た『二人道成寺』。僅か三回(これも普通で考えれば多い方でしょうが(^_^;が、もっと凄い方々がたくさんいますので(笑))の観劇で、すべて異なった形の試みの舞台を観ることが出来たのは、まさに生の舞台味わう醍醐味でしたね。

ぽん太さまがご覧になったら、拙記事よりもっと素晴らしい感想を書いていただけたものと残念でなりません。しかし、筋書で玉三郎さんは、「将来的にはさらなる発展形も考えている」「幻想的な歌舞伎舞踊としてもっと華やかにしてみたい」と語っていますので、再々演も十分期待できるでしょうね。
| 六条亭 | 2006/03/11 11:30 PM |
千秋楽からまだ2週間なんですよね。
六条亭さんの記事を読みながら、懐かしいような心持になってしまった私はちょっとオカシイのでしょうか。
初演も今回も、現在から同じくらいの時間的距離にある感じ。再々演も、どうでもいいというと語弊がありますが、今後の展開についての興味もあまり湧かないのですよ。

とにかく先月は二人道成寺に明け暮れた日々でしたが、千秋楽の二人の花子と共に、私の二人道成寺熱も綺麗に昇華してしまった様です。
または…まだ放心状態なのかもしれません(苦笑)。
| asari | 2006/03/12 1:00 AM |
きっとasariさまは観劇の感想を書くのが早いのと同じように、切り替えも早いからでしょう。私などなかなか切り替えが出来ませんから、まだ余韻にひたっています。

でも、恐らくあれだけの回数を二人道成寺に通われたら、十分満足されていて、昇華状態か放心状態かは定かではないですが、そのどちらかか、またはその両方でしょうね(^^ゞ。
| 六条亭 | 2006/03/12 11:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/209
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode