徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 大阪松竹座 坂東玉三郎 初春特別舞踊公演の感想 | main | 第37回俳優祭が開催されます! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
BSプレミアムシアターのアバド追悼番組の詳細
さる20日80歳で亡くなったイタリアの世界的巨匠、クラウディオ・アバド追悼の特別番組の詳細が明らかになりました。

BSプレミアムシアター


前者はすでに放送されたものだが、ルツェルン音楽祭2012からレクイエムほか!神々しいまでの敬虔な祈りに満ちた演奏で、追悼に相応しい。

後者は名演として知られる94年のベルリン・フィルとの来日公演である。この演奏会がハイビジョンで観ることができるようになるとは。

2月10日(月)(9日(日)深夜)午前0時〜4時
◇ルツェルン音楽祭2012 
『クラウディオ・アバド指揮 ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会』

<曲 目>
1.エグモント 作品84(ベートーベン)
2.レクイエム K.626(モーツァルト)

<出 演>
語り:ブルーノ・ガンツ(1曲目)
ソプラノ:ユリアーネ・バンゼ(1曲目)
ソプラノ:アンナ・プロハスカ(2曲目)
アルト:サラ・ミンガルド(2曲目)
テノール:マクシミリアン・シュミット(2曲目)
バス:ルネ・パーペ(2曲目)
合唱:バイエルン放送合唱団、スウェーデン放送合唱団(2曲目)
管弦楽:ルツェルン音楽祭管弦楽団(1、2曲目)
指揮:クラウディオ・アバド(1、2曲目)

収録:2012年8月10日
ルツェルン文化会議センターコンサートホール(スイス)


◇アバド指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1994年日本公演

<曲 目>
1.交響詩「はげ山の一夜」(原典版)(ムソルグスキー)
2.バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)(ストラヴィンスキー)
3.交響曲第5番ホ短調作品64(チャイコフスキー)

<出 演>
管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:クラウディオ・アバド

収録:1994年10月14日
サントリーホール(東京)
【2014. 01. 31 (金)】 author : 六条亭
| クラシック音楽 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2018. 08. 18 (土)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
六条亭さま いつも歌舞伎のコメントを楽しませていただいておりますが西洋音楽もお好きなのですね。プレミアムシアターの詳細ありがとうございます。ベルリンフィルはアバド追悼のために、Digital Concert Hallというサイトで1991-2002のコンサート16本と1996年のドキュメンタリーをフリーで流しています(メールアドレスでの登録必要)。サイト内やりとりは日本語対応しています。ドキュメンタリー"The silence that follows the music"が素晴らしいです。英語の字幕つき http://www.digitalconcerthall.com/ja/

| 椿 紅子 | 2014/02/03 11:06 PM |
> 椿 虹子 さま

コメントありがとうございます!

もちろんBPOのDEGITAL CONCERT HALLは登録済です。

アバド追悼のスペシャル映像は18本が無料で視聴できますね。

http://www.digitalconcerthall.com/ja/info/claudio-abbado
| 六条亭 | 2014/02/04 10:42 AM |
アバドの追悼番組を見る日がくるとは… この1994年の来日公演は素晴らしいと思います。この二年前、同コンビでの初来日のブラームス・チクルスは、アバド色に染まったベルリンフィルの新鮮さに戸惑ったのか、カラヤン時代を知る世代からは評判が今ひとつだったようですが、この94年の時はもう受け入れ方が変わっていたと思います。特にチャイコフスキーの第五は名演で、同時期のSony録音ともども充実・的確・特別な高揚感のある、それでいて押し付けがましさのない、アバドのよい所が凝縮された演奏です。ようやく日本でもDVD化されたようですが、ヨーロッパ(台湾も)でもかなり以前からソフトが出ていました。ムソルグスキーの原典版「禿山」もいいです。
| Naoki Tokuoka | 2014/02/09 11:52 PM |
> Naoki Tokuoka さま

返しのコメントが遅くなりました。

録画してありました追悼番組をようやく観ることができました。この94年の来日公演はベルリンフィルをアバドが思うがままに指揮してロシアものの中でも出色の、高揚感溢れる演奏会だと思います。アバドがこだわった「はげ山の一夜」原典版も滅多に聴くことができない躍動感があります。

信仰をテーマにした2012年のルツェルン音楽祭も静謐な祈りに満ち満ちていて、稀有な指揮者を喪った悲しみをあらたにしました。

この追悼番組以外にもNHKは多くのハイビジョン映像を保有しているはずですので、また特集番組を放送してほしいものです。
| 六条亭 | 2014/02/12 10:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/2136
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode