徒然なる日々の条々を、六条亭が日記風に綴ります。本屋「六条亭雑記」もよろしく。
 
<< 富司純子さんの連載【富司純子 あるがまゝに】《1》 | main | 新春のご挨拶 >>
富司純子さんの連載【富司純子 あるがまゝに】《2》
富司純子さんを取材したスポーツ報知の連載記事【あるがまゝに】が29日付の(19)で完結しました。

この連載は今まで語られなかった富司純子さんの映画女優デビューから菊五郎との結婚、引退、梨園に入ってからの苦労など知られざる側面を、まさに「あるがまゝに」掘り起こしています。東映の映画史であるとともに梨園の妻・母・女優富司純子さんの人間的魅力を語ってあまりあるものでした。毎日この連載を読むのが楽しくて、次回が待ち遠しかったのも最近では経験したことがありません。取材から執筆までの担当者のご苦労に感謝したいと思います。

番外編を含めて(1)〜(9)の10回分の連載は、すでに《1》としてまとめました。こちら。

(10)〜(19)の10回分を《2》としてまとめ、リンクを次の通りはっておきます。

【富司純子 あるがまゝに】(10)約600人が出席した結婚披露宴、映画界のドンが祝辞で歌舞伎界へ異例のお願い

【富司純子 あるがまゝに】(11)結婚直後に姑から告げられた「役者の女房の心得」

【富司純子 あるがまゝに】(12)男児を産むまでのプレッシャー

【富司純子 あるがまゝに】(13)寺島純子で「3時のあなた」

【富司純子 あるがまゝに】(14)「男の中の男」健さんただ一人

【富司純子 あるがまゝに】(15)現芸名は亡き母の置き土産

【富司純子 あるがまゝに】(16)女優は特別な生き方をするものではない

【富司純子 あるがまゝに】(17)長男・菊之助から見た母は「やっぱり面白い人」

【富司純子 あるがまゝに】(18)「新しい監督、役の色に染まりなさい」

【富司純子 あるがまゝに】(19)菊五郎「恋人、妻、母、ジェネラルマネジャーだな」
【2016. 10. 29 (土)】 author : 六条亭
| 歌舞伎 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017. 04. 17 (月)】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rokujoutei-a.jugem.jp/trackback/2188
トラックバック
FLASH時計



PageRank Powered by SEO Stats





  和樂 毎月12日発売

BlogPeople

BlogPeople検索


歌舞伎ブログ にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ

qrcode